【横浜市】学ぼう!ほんとうのこと「慰安婦問題と近現代史」パネル展。【つのだあきお】

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

(つのだあきお 角田晶生・捏造慰安婦問題を糺す日本有志の会 会員)

 

  平成29年5月26日(金)、横浜市・かながわ県民センターにて開催された「慰安婦問題と近現代史」パネル展に参加。会場設営と、受付のお手伝いをさせて頂きました。

 

  当日は生憎の雨模様でしたが、センター利用者が通りすがりや待ち合わせにパネルを見て下さり、賛否いろいろな反応・ご意見が寄せられました。

 

  私たちの主張が「100%正しい」とは、あえて言いません。

 
(もちろん、調査研究の結果に基づく発表ですから、その正当性については確信しています)

 

  大切なのは、一人でも多くの方に興味関心を持って頂き、いま我が国の内外を取り巻く問題に気づいて頂くことです。

 

  私たちの知らない間に、社会がどんなことになっているか、このまま無関心で大丈夫なのか、慰安婦問題を通して真剣に考えて頂けましたら、目的の半分は達せられます。

 

  パネル展は明日(5月27日)まで開催していますので、是非ともお立ち寄り頂けましたら幸いです。


【鎌倉市・市場町内会】5月25日(木)防犯パトロールに参加。【つのだあきお】

(つのだあきお 角田晶生・笹竜党 代表)

 

 平成29年5月25日(木)、鎌倉市・市場町内会の防犯パトロールに参加。ご近所さん10名と愛犬1頭で町内を巡回して来ました。

 

 最初、定刻通りに来たら誰もいなかったので「今回は参加者なし=中止かな?」と思ったら、しばらくすると、聞き覚えのある拍子木の音。

 

 パトロール以外で持ち出すのは夏祭りくらいだし、もしや、と思ったら早めに出発したとのこと。合流できて良かったです。

 

 道中、北鎌倉「緑の洞門」や防犯灯(明るさや管理など)について話し合いながら、道行く皆さんと挨拶を交わしましたが、みんなが笑って挨拶できる鎌倉を、みんなの力で創り、守って行きたいものです。


【鎌倉市・山崎浄化センター】訊いてきました―芝生の陥没について。【つのだあきお】

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ニュース

 

 

(つのだあきお 角田晶生・笹竜党 代表)

 

  鎌倉市・山崎浄化センターで、芝生(広場)の一部が陥没。原因究明のため、平成29年6月〜8月末まで使用中止となりましたが、状況を確認するため、同施設を訪問しました(平成29年5月25日)。

 

  さて、職員の方より伺った概要は以下の通りです。

 

(1)昨年来、出初め式の訓練で芝生を利用していた消防職員が、地面の異変を発見。
(2)陥没した箇所には木製の貯水枡が設置してあり、木製の蓋も埋没、芝が生えて判らなくなっていた。
(3)穴のあいた箇所はすぐに埋めたが、もしかして、他にもあるかも知れない。
(4)この度、超音波探査の段取りが整ったので、使用中止に踏み切った。
(5)既に半年近く経っているが、いきなり使用中止だと混乱が懸念されるため、しばらく使用を許可していた。

 

 
  危ないかも知れないけど、多分大丈夫だろうから、とりあえず使わせていた、という感覚はいかがなものかとも思いますが、驚いたのはここが

 

「新ごみ焼却施設の建設予定地」

 

である事です。

 

  鎌倉市は埋蔵物などの確認もしないで、地盤の堅固さに太鼓判を捺していた事になります。

 

  本当に山崎浄化センターは、新ごみ焼却施設を建てるのに、相応しい土地なのでしょうか?

 

  単に「迷惑施設の押しつけだから」ではなく、安全性=公益の観点からも、見直しを強く求めて参ります。


【鎌倉市・小袋谷町内会】5月24日(水)防犯パトロール。【つのだあきお】

(つのだあきお 角田晶生・笹竜党 代表)

平成29年5月24日(水)、鎌倉市・小袋谷町内会の防犯パトロールに参加。ご近所さん9名と愛犬1頭で、町内を巡回して来ました。

のどかな昼下がり、拍子木を鳴らし、道行く方々と挨拶を交わしながら進みます。

道中、新築の戸建てや更地になったスペース、延期に延期を繰り返す小袋谷陸橋の工事など、目まぐるしく変わる風景を眺めていると、本当に大切なものを守る必要性を痛感します。

それが何か、は人の価値観によるのでしょうが、われらが故郷・大船の情緒を、次世代に受け継いで行きたいものです。


ちなみに、道行く方々より「惜しかったね」「応援してるから、また出てよ」等々、暖かなご声援も頂きました。

本当に嬉しく、励みになります。

地元の皆さんのご期待に沿えるよう、今後とも精進して参ります。

【鎌倉市・山ノ内下町下町内会】5月23日(火)防犯パトロール。【つのだあきお】

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

(つのだあきお 角田晶生・笹竜党 代表)

 

  平成29年5月23日(火)、鎌倉市・山ノ内下町下町内会の防犯パトロールに参加。ご近所さん3名にて町内を巡回して来ました。

 

  当日はすっかり夏の陽気、草花に詳しい方より花(卯の花、スイカズラ、山ユリ等)や木々(スダジイや雑木など)について教えて頂きましたが、かつてはこの時期になると、市内至るところでスダジイの花が咲き乱れ、その香りは横須賀線の車窓から「鎌倉に入った」ことを感じさせるほどであったそうです。

 

  また、神奈川県の県花(シンボル)である山ユリについても、かつては山が真っ白く見えるほどに咲いていたそうで、四季折々の味わいを、次世代に受け継いでいくことの大切さを実感します。

 

  そんな中、一部地域の防犯灯について「明る過ぎる。近所住民の同意だから撤去して欲しい」という要望があるそうですが、防犯灯は鎌倉市の管理であり、また、一度撤去してしまえば、再度の設置に手間もコストもかかります。

 

  地域の防犯と快適な生活の両立はなかなか難しいものですが、互いの創意工夫によって折り合いをつけて行きたいものです。

 

 


| 1/307PAGES | >>

カレンダー

<< 2017年05月 >> 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

プロフィール

twitter

Google+

Facebook

アルバム

posted by (C)角田晶生

最近の記事

テーマ別記事

年月別記事

リンク

ブログ内検索

その他