【哀悼】偉大なる「黒姫の赤鬼」ことC.W.ニコル氏が79歳で鬼籍へ。【角田晶生】

  • 2020.04.04 Saturday
  • 18:14

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:ニュース

 

(角田晶生 つのだ あきお・鎌倉の文章屋「角田書物(〜かきもの)」主人)

 

 報道によれば、令和二年4月3日(金)、作家で自然保護活動家のC.W.ニコルさんが79歳で亡くなられました。

 

※参考:

C・W・ニコルさん死去 環境保護活動家で作家、79歳

https://www.asahi.com/articles/ASN445QZXN44UCVL004.html?fbclid=IwAR2a6Q8BeHK8JqPzJLz8SCzbPOJ0TAsM0LdoB1mcv8lUQbG57xUiUoGoDwI

 

 彼は昭和55(1980)年から信州・黒姫の森に棲みついて里山の再生活動を実施、平成7(1995)年には日本国籍を取得。人々から「赤鬼」と愛され続けました。

 

 彼ほど日本という国の風土を、その美しい本質的な自然を愛して守ろうとした(している)日本人が、現代の日本にいったい何人いるでしょうか。

 

 彼のエッセイは昔からたくさん読んできましたが、その精神は今も色あせることなく人々に受け継がれています。

 

 最後に、というより彼を初めて目にしたのは、いつぞやのアースデーで、里山保護活動について熱く語っていた姿と、みんなに鹿肉のソーセージを売っていた姿でした。

 

 あまり口が巧くなかったようで、講演会ではちょっと口ごもり気味でしたが、身が入ると、母国のウェールズ語が出てくるので、それと判りました。

 

 あの時、司会者は「(日本語で話せ、という意味で)ちょっと、ニコルさん……」などとなだめていましたが、私たちは彼のその真剣な思いを聞きたかったのです。

 

 どんな言語であろうと、その人が真剣に話している思いは伝わります。

 

 それこそが、うわべだけの言葉にはない動機の熱として、活力として伝わるのです。

 

 自然を愛する者こそが、真に日本を愛する者である。

 

 彼以上の日本人になれるよう、今後より一層精進したく思います。

 

 

 

黒姫の赤鬼が

今は妖精と戯れている

やがて赤い竜の旗にくるまり

アーサー王の夢を見る

じきに目が覚めたら

アファンの森にまた朝が来る

【いろいろなモノを調べる雑学メディア】草の実堂さまに、初投稿させて頂きました。【角田晶生】

  • 2020.04.04 Saturday
  • 17:42

JUGEMテーマ:日記・一般

 

(角田晶生 つのだ あきお・鎌倉の文章屋「角田書物(〜かきもの)」主人)

 

 表題の通り、いろいろなモノを調べる雑学メディア「草の実堂」さまに、初めて投稿させて頂きました。

 

※参考:

毛利元就「三矢の教え」には元ネタがあった?モンゴル帝国『元朝秘史』より、類似のエピソードを紹介

https://kusanomido.com/study/history/japan/sengoku/40021/

 

 

 一本なら折れるけど、三本合わせれば折れにくい……中国地方を代表する戦国大名・毛利元就(もうり もとなり)が、三人の息子たちに力を合わせることの大切さを説いた教訓として知られていますが、似たようなエピソードをモンゴル帝国の歴史書『元朝秘史(げんちょうひし)』に発見。それを紹介しています。

 

 現在書かせて頂いている「Japaaanマガジン」とかぶる点もありますが、草の実堂さまは世界史やその他の雑学なども幅広く手がけているので、そっち方面のテーマについてはこちらで書かせて頂こうと思っています。

 

 今後、より幅広く執筆活動を展開して参りますので、おつき合い頂けましたら幸いです。

 

 

 

 ちなみJapaaanマガジンは、掲載記事が300本に達しました。

 

 これもひとえに皆様のお蔭、誠にありがとうございます。

 

 より一層精進して参りますので、今後ともご笑読のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

※参考:

角田晶生(つのだ あきお)ー日本文化と今をつなぐJapaaan

https://mag.japaaan.com/archives/author/writer66

【神奈川縣護國神社】ゴールデンウィーク明け(5月7日以降)まで、活動を休止します。【角田晶生】

  • 2020.04.04 Saturday
  • 17:29

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

(角田晶生 つのだ あきお・神奈川縣護國神社氏子會 総代)

 

 新型コロナウィルスの感染を予防するため、神奈川縣護國神社氏子會の活動をゴールデンウィーク明け(5月7日以降)まで休止とします。

 

 感染状況によっては休止期間の延長もあり、5月29日(昭和二十1945年、横浜大空襲)の創建は難しいですが、氏子や支援者の皆様におかれましては、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

 活動再開の見通しについては、4月末〜5月上旬にかけて判断したく思います。

 

 取り急ぎ、ご連絡まで。

 

 

令和二年4月4日(土)

 

神奈川縣護國神社氏子會

総代 角田晶生(つのだ あきお)

【新型コロナウィルス】不要不急の外出は控えて、家で出来ることをしております。【角田晶生】

  • 2020.04.01 Wednesday
  • 22:58

JUGEMテーマ:日記・一般

 

(角田晶生 つのだあきお・個人事業「角田書物(〜かきもの)」主人)

 

 新型コロナウィルスの感染を予防するため、仕事や生活に必要な物資の買い出しなどを除き不要不急の外出を控えています。

 

※本当は一度にたくさん買い込みたいところですが、それだと他の方が困ってしまうので、匙加減が大切です。

 

 だからどうした、と思われるでしょうが、一日も早い終息を願って、家で出来ることに勤しんでおります。

 

 懐が寒い、頭の中身が乏しい以外は概ね健康です。

 

 せっかくの万愚節(4月1日)なので、真面目な近況報告を書いてみました。

 

 

令和2年4月1日

 

角田書物(つのだ かきもの)

主人 角田晶生(〜あきお)

 

※原稿(レビュー、コラム、エッセイ等)のご依頼は大歓迎です。

tsunodaakio@gmail.com

【案山子の戯れ言】言い続けるのが、上司の仕事。【角田晶生】

  • 2020.03.29 Sunday
  • 00:25

JUGEMテーマ:日記・一般

 

(角田晶生 つのだあきお・個人事業「角田書物(〜かきもの)」主人)

 

 いつだったか、こんな相談を受けました。

  

「部下が、言われた事しかやらないんですよ」

  

 それは逆に考えると、言われた事はやってくれる訳ですから、ポテンシャル(ここでは、仕事に対する積極性)を引き出せる可能性十分と言えます。

 

 言えば仕事をやってくれるのだから、彼らが「言わなくてもやる」むしろ「やるべき事を見つけて(提案して)くれる」レベルに達するまで、とにかく指示を出し続ける事です。

 

「そこまでしなくちゃいけないのか?」

 

 そうです。それが管理職の仕事、つまり部下のマネジメントというものです。

 

 部下が「自発的に動かない」と愚痴をこぼしている時点で、あなたの管理態度に怠慢の評価が下されるわけです。

 

 まずはあなたが自発的に声をかけて、指示を出すところから、職場の改善は始まるのです。

 

 良かったら、試してみて下さい。

 

 実践した人から、上手く行っているようですから。

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

角田晶生(つのだ あきお)

Facebook

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM