【参議院議員選挙】拝啓、山本太郎さま。【角田晶生】

  • 2019.07.13 Saturday
  • 00:09

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

(角田晶生 つのだあきお・フリーライター)

 

 どうでもいい事ですが、私の誕生日は山本太郎さんと同じ11月24日です。

 

 友人などと「誰それと誕生日いっしょ!」みたいな話題になると、よく彼の名前を出したものですが、昔は「山本太郎」という名前を聞いただけで、彼を知る誰もが笑顔になったことが、懐かしく思い出されます。

 

 バカだけど、いつでもどこでも一生懸命な姿勢が、見る者の琴線に触れたのかも知れません。

 

 昔、確か10代の頃に観た「ウルルン滞在記」で、彼がアボリジニの家族になりたくて、アボリジニの方が「もういいよ、(カンガルーの肉が噛み切れなくても)お前は俺たちの家族だよ」とフォローを入れる中、泣きながらカンガルーの肉にむしゃぶりついていた姿を、今でも憶えています。

 

 また、20代に観た大河ドラマ「新鮮組!」で演じていた原田左之助の役は、何かと陰惨な史実の中で、一服の清涼剤だった記憶があります。とても。

 

 誕生日を伝えると「あぁ……『あの』山本太郎ですか……」と言われるようになった今でも、あの時の姿々を忘れずに憶えています。

 

 昔が良かったとか、今が悪いとか、そういう事は言いません。

 

 ただ、確かなことは

 

「かつて『山本太郎』の名前を聞いて、私の知る限り笑顔にならない者はいませんでした。」

 

 それだけのことが、とても懐かしく、そして寂しく思い出されてならないので、ここに書き残しておきます。

 

 いえ、別に「政治家を辞めて俳優に戻れ」なんて野暮が言いたい訳じゃありません。

 

 山本太郎の人生に責任は持てないし、そもそも覚悟の上で踏みだした道でしょうから。

 

 どこで何をしていようと、山本太郎は山本太郎だし、たとえその思想や理念が相反するものであろうと、私は一国民・有権者としてその権利を尊重し、守りたいと思います。

 

 未練がましく一言伝えるなら、

 

「あの時の方が、みんな幸せに近かったのではなかろうか」

 

 とりとめもない話ですが、そんなことを、たまに思い出し、考え込んだりします。

 

 長くなりましたが、どうかお疲れの出ませんように、信じる道を進んで下さい。

 

 ご武運を。

【参院選・神奈川】候補者たちのポスター評価まとめ。【角田晶生】

  • 2019.07.11 Thursday
  • 23:02

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ニュース

 

(角田晶生 つのだあきお・フリーライター)

 

 令和元年7月21日(日)執行予定の参議院議員選挙、神奈川県選挙区のポスターに同志が評価したコメントを(興味深いので)まとめてみました。

 

 せっかくあちこち貼り出されているので、「そういう見方もあるのだな」と思って見てもらえたら、少しは興味が出るかも知れません。

 

候補者の皆さんも、ご参考になれば。

 

 

 

 

 

ゴチャゴチャし過ぎのポスターでアカ点モノですね。

 

 

 

 

なまじ顔と名前は売れているせいか、ポスターは作りが雑ですね。私であれば、この構図なら横長ポスターにしますね。

 

 

 

 

ポスターとしては❌。主張が多すぎるし、姓名がポスター最下部(しかも縦長ポスターなのに横書き)に位置しているのでは、有権者の意識に残りません。

 

 

 

 

スタンダードな作りのポスター。まず顔を認識させておいて、参院選公認の「姓名」。私なら顔写真と姓名を逆に配置しますが、まぁ及第点でしょう。

 

 

 

 

複数回の当選経験者は、名前より顔を売るものかなぁ…。
1つ(悪い意味で)「巧いなぁ」と思ったのが所属党名の位置。まるで有権者の目の動きから外すようにコッソリと。しかも一応は明記してあるというエクスキューズまで計算してある。誉めはしませんが、見事です。

 

 

 

 

キャッチコピーが在るのは良いですが、配置が悪い。キャッチコピーと姓名の位置が逆なら、一気にトップに躍り出るポテンシャルは秘めています。

 

 

 

 

ゴチャゴチャ書き過ぎ。
コ 顔 姓
ピ 写 
| 真 名
の配置+コピーは「消費税〜」限定なら、もう少し点数が上がります。

 

 

 

 

今回のポスター集で最も高評価な物。まず右に大きく姓名を配置し、右下から左上のライン上に顔写真。そして左上隅に自身の党と自民党の名を入れ、余計な物を省き、何より逆Nの法則を弁えたたシンプル・イズ・ザ・ベストの例です。

 

 

 

 

誰が許可したの、こんな駄作ポスター!?…というくらい酷い作り。間違いなくワーストです。
まず、コピーを縦書きと横書きの両方を採用している時点でアウト。これでは有権者が視線を動かすのに疲れてしまいます。役者としても大した知名度はないのに、姓名を有権者の視線から外すのも❌。「こういうポスターを作ってはいけません」という反面教師的なポスターといえます

 

 

 

【論評ここまで】

 

以下、コメントのなかったポスター。ネタとして載せておきます。

 

 

 

あと、ポスター未発見の候補者が2陣営。期間中に貼り出されるでしょうか。

 

 

 

……ともあれ皆さん、お疲れの出ませんように。

【参議院議員選挙】神奈川県選挙区の候補者たち、あれこれ。【角田晶生】

  • 2019.07.05 Friday
  • 23:21

 

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

(角田晶生 つのだあきお・フリーライター)

 

 さて、来たる令和元年7月21日(日)に投開票予定の参議院議員選挙ですが、その候補者たちについて

 

「誰を選んだらいいか、わからない」

 

という声があったので、とりとめもなく書いた限りをまとめます。

 

 ご参考になれば幸いです。

 

※とりあえず、ポスターの貼ってあった方のみ書いています。

 

 

 

まずは乃木涼介さんから。
国民民主党ですか。
俳優とかハンサムとかイメージだけで押し切りたい感じですね。
とりあえず、議員にしても仕事はしないであろうタイプです。
この人を税金で太らせたい方は、投票するといいですよ。

 

 

 

 

次は公明党つまり創価学会の佐々木さやか候補。
これもとにかく若くて綺麗な女性ってイメージでまぁ当選しちゃうんでしょうね。
この6年間、ろくすっぽ仕事をしていない(あえて言い切る)ので、また6年間彼女を税金で遊ばせたい方は、投票すれば愛想笑いくらいして貰えるかも知れませんね。

 

 

 

 

えーと、こちらは立憲民主党の牧山ひろえ候補。
まったく国民民主党だの立憲民主党だの、党利党略のためについたり離れたり鬱陶しいことこの上ない。
いかに連中が日本国民のことを考えていないか、よく解ります。
で、この方も確か現職ですが、あえて言います。
「この6年間、まともな仕事はしていません」
それでもいい、彼女が大好きな方は投票すればいいと思います。

 

 

 

 

このいき(壱岐)愛子候補は、自分たちの教祖・大川隆法を不敬千万にも
天皇陛下よりも上位(何でも、大統領だそうな)に祀りあげようとするカルト教徒(幸福の科学)、正真正銘の「逆賊」です。
少々タカ派な主張が愛国業界から人気っぽいですが、こんなのは日本人の代表として相応しくありません。

 

 

 

 

この相原りんこさんは存じております。
藤沢市議選の最終日に
「りんりんりんこ、りんりんりんこ……」
と連呼して、甘粕さんの演説を妨害しかけた者です。

また唄うんでしょうか。

出来れば神奈川県外でお願いします。

 

 

 

 

共産党からはあさかゆか候補。
とりあえず、日本を北朝鮮や中国みたいな「地上の楽園」にしようと活動しているコミュニスト(共産主義者)です。
余談ながら、ポスターのカラーリングセンスは個人的に一番好みです(もちろん投票はしませんが)。
議員にしたら、仕事はきっとするし、出来るでしょうね。
その努力のベクトルが、日本国民の利益から甚だしく逸脱する事さえ気にしなければ。
日本の国益を損なう点では、非常に有能な人材と言えるかも知れません。

 

 

 

 

えーと、この人は自民党です。お医者さんの島村大さんです。


この6年間、何か仕事をしたという話は寡聞にして存じ上げません。
この人ができることは、ほぼ間違いなく他の自民党議員でもできます。
その程度の人と見ています。

この人は議員よりお医者さんの方が、よほど世のため人のためになりそうです。やぶ医者でなければ。

 

 

 

 

皆さんご存知、前神奈川県知事の松沢成文さんですよ。
みんなの党、次世代の党、で、今は維新でしたっけ?(あぁ、ポスターに書いてありますね)
次はどこにいくんでしょうね。
私たち有権者にとって最大の関心事は、


「神奈川県知事として役に立たなかった(立っているなら、今も知事の筈です)方が、参議院議員として何の役に立つのですか?」


あと、余談ながら、藤沢駅前でのそっけない振舞い(同志・あまかす和彦の応援演説をしてくれなかった事)は、決して忘れません。

 

 

 

 

 まったく……毎度ろくなのがいませんね。

 

 でも、投票には行きましょう。

 

 特に若い方は行った方が身のためです。

 

 たとえ白票でも「投票率」にカウントされ、政治屋&選挙屋の連中はその「投票率」を見ています。

 

 若年層がみんなで選挙に行けば、連中も若年者を無視できなくなるからです。

 

 年金が不安な方は、白票でもいいから入れに行きましょう。

 

 このまま日本の未来を食い物にされたくなければ、投票に行きましょう。

 

 期日前投票もあります。

 

 あるいは、誰に日本の未来を託すか、神奈川県の代表を真面目に考えてもいいでしょう(むしろそうあるべきです)。

 

 悪いことは言いません。

 

 百万の文句より、白票を一回投じる方が、絶対に日本の未来を変える力になります。

 

「自分だけ入れたって……」とか寝言は寝て言って下さい。

 

 少なくともあなたが入れなきゃ、何も始まらないのです。

 

 大事なことだから、繰り返し言いますよ?

 

「たとえどんなロクでもない候補者ばかりでも、投票には行きましょう」

 

 テストには出ませんが、とても大切なことです。

 

 

 

 

 

 覚えておくがいい。親爺の小言と冷や酒は、後から効いてくるモンだ。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

角田晶生(つのだ あきお)

Facebook

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM