【鎌倉市・山崎浄化センター】訊いてきました―芝生の陥没について。【つのだあきお】

JUGEMテーマ:地域/ローカル

JUGEMテーマ:ニュース

 

 

(つのだあきお 角田晶生・笹竜党 代表)

 

  鎌倉市・山崎浄化センターで、芝生(広場)の一部が陥没。原因究明のため、平成29年6月〜8月末まで使用中止となりましたが、状況を確認するため、同施設を訪問しました(平成29年5月25日)。

 

  さて、職員の方より伺った概要は以下の通りです。

 

(1)昨年来、出初め式の訓練で芝生を利用していた消防職員が、地面の異変を発見。
(2)陥没した箇所には木製の貯水枡が設置してあり、木製の蓋も埋没、芝が生えて判らなくなっていた。
(3)穴のあいた箇所はすぐに埋めたが、もしかして、他にもあるかも知れない。
(4)この度、超音波探査の段取りが整ったので、使用中止に踏み切った。
(5)既に半年近く経っているが、いきなり使用中止だと混乱が懸念されるため、しばらく使用を許可していた。

 

 
  危ないかも知れないけど、多分大丈夫だろうから、とりあえず使わせていた、という感覚はいかがなものかとも思いますが、驚いたのはここが

 

「新ごみ焼却施設の建設予定地」

 

である事です。

 

  鎌倉市は埋蔵物などの確認もしないで、地盤の堅固さに太鼓判を捺していた事になります。

 

  本当に山崎浄化センターは、新ごみ焼却施設を建てるのに、相応しい土地なのでしょうか?

 

  単に「迷惑施設の押しつけだから」ではなく、安全性=公益の観点からも、見直しを強く求めて参ります。


【鎌倉市】北朝鮮弾道ミサイル発射に伴う警防対策協議体制について。【つのだあきお】

18527557_1041686772630366_6826058030668633588_n

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

(つのだあきお 角田晶生・笹竜党 代表)

 

 平成5月14日(日)、北朝鮮による弾道ミサイル発射に伴い、鎌倉市で立ち上げられた「警防対策協議体制」とは何ぞや?

 

 という疑問を解消するべく、やって来ました、鎌倉市消防本部(大船消防署)を訪問。警防救急課長より、お話を伺いました。

 

 

 

【警防対策協議体制とは】

 

 有事が予測される状況下において、鎌倉市消防本部の警防救急課長と指令情報課長が今後の対策について協議している状態。

 

(松尾市長のFBだと、鎌倉市として立ち上げたように読めましたが、市は市で別対応のようです)

 

 現時点では情報収集と有事(体制強化)への心構えを、消防関係者に周知する程度、とのことでした。

 

 ちなみに、危険の段階が上がると
「警防対策『準備』体制」
に移行。これは状況に応じた人員の増強(例:出張所では10名定員の7名上署=出勤のところ、段階ごとに増やし、最高の第3準備では総員配置)が行われ、消防団にも本団を通じて団員の呼集が行われるそうです。


 ちなみに、鎌倉市の方では危機管理課の方で「情報収集に努めていると聞いている」との事で、さしあたり市民に対して、何か特段の警戒や行動を求める事はないようでした。


(※こちらはこちらで、改めて確認しておきます)

 

 

 市民の安全・安心を守るため、いつもありがとうございます。

 

 一消防団員としても、ささやかながらお手伝い出来ましたら幸いです。

 

 

 

【余談】
 帰り際、職員の方より「消防団員なんだから、もっと堂々と、元気よく入って来て下さいよ(笑)」との事。何だかお仕事中に邪魔するようで(まさにその通りなのですが)申し訳ないのですが、仰せなら、これからは元気よく入って行くようにします(笑)
これからも、消防団の端くれとして、よろしくお願いいたします。

 

 

 

※参考:

【北朝鮮弾道ミサイル】提言−鎌倉市の警防本部協議体制について。【つのだあきお】

http://tsunoda-akio.jugem.jp/?eid=1527

鎌倉市/鎌倉市の危機管理

https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kikikanri/kikikanri-top.html

鎌倉市/消防本部

https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/shisei/soshikiannai/shoubouhonbu.html


【北朝鮮弾道ミサイル】提言−鎌倉市の警防本部協議体制について。【つのだあきお】

JUGEMテーマ:ニュース

 

(つのだあきお 角田晶生・笹竜党 代表)

 

 平成29年5月14日(日)5:28ごろ、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けて、鎌倉市が同日8:30に「警防本部協議体制」を立ち上げたそうですが(松尾崇 鎌倉市長のFB投稿より)、その後、何が話し合われて何が決められ、私たち市民が何をすべきなのか、そうした情報が一切出ていないようです。

 

(※私の調査不足でしたら申し訳ありません)

 

 これまでも北朝鮮による核実験やミサイル発射は行われて来ましたが、いつもと異なる今回の対応に、緊張感を覚える市民も少なくないものと思われます。

 

 そもそも「警防本部協議体制」とは、何を話し合うものなのか?

 

 そうした疑問の解消や情報共有を進めるため、まずは現時点で決まったことなどについて発信していただけるよう、鎌倉市に対して提言を送らせて頂きました。

 

 

 

【提言ここから】

 

件名:

北朝鮮の弾道ミサイル発射に伴って立ち上げられた鎌倉市の警防本部協議体制につきまして。

 

本文:

鎌倉市役所 御中
平素よりお世話になっております、角田晶生です。
表題の件につきまして、提言させて頂きます。

 

 平成29年5月14日(日)5:28頃、北朝鮮による弾道ミサイル発射が行われたことを受けて、鎌倉市では同日8:30に警防本部協議体制を立ち上げた旨を伺いました(松尾崇市長のFB投稿より)。

 

 この警防本部協議体制の立ち上げにより、どういう事が協議され、どのような(行政、市民のとるべき)対処方針が示されるのか、多くの市民が注視しているものと察せられます。

 

 今回はこれまでにない緊張感もあり、行政と市民の迅速な情報共有が求められる事態であると愚考します。現時点における協議等の経過報告だけでも、緊急記者会見はじめ、取りうる限りの手段によって市民に周知広報されることを提言致します。

 

 取り急ぎ、ご善処頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

 


平成29年5月14日(日)

 

笹竜党(ささりんどう)
代表 角田晶生(つのだ あきお)

 

〒247−0055
鎌倉市小袋谷2−1−9 1階
090−4454−8858
tsundoaakio@gmail.com

 

【提言ここまで】

 

 

 いざ有事になれば、平素の批判は措いてでも、互いに協力して事態を打開しなくてはなりません。

 

 そのためにも、可能な限りの情報共有が必要です。

 

 取り急ぎの提言ながら、市民の保護に資することを願います。

 

 

※参考:

鎌倉市/鎌倉市の危機管理

https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kikikanri/kikikanri-top.html

内閣官房 国民保護ポータルサイト

http://www.kokuminhogo.go.jp/


【訊いてきました】鎌倉市のホームレス対策について。【つのだあきお】

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

(つのだあきお 角田晶生・笹竜党 代表)

 

 以前、大船駅にて駅頭活動中、知らない方より

 

「こっちに来て下さい」

 

と連れて行かれ、モノレール裏のデッキに寝ているホームレスを指差して、

 

「これを見て、何も思わないのか。票集めより、ホームレス対策をどうにかしろ」

 

と言い捨てて、行かれてしまいました。

 

(ホームレス対策に取り組むまめにも、議員になろうとしているんですが……)

 

 とは思いましたが、まずは現状を把握する必要があります。

 

 そこで、鎌倉市生活福祉課を訪問。鎌倉市のホームレス対策について、お話を伺いました。

 

 

 現状では、年に一度(大抵1月中旬、今年は12日)の市内全域調査に加え、民生委員や市民からの連絡を受けての現地調査を実施。本人との面談を通して生活保護の紹介をされているそうです。

 

 しかし「お上のお世話になりたくない」という方は少なくないそうで、生活保護を断られている方には「何かあったら、すぐご相談下さい」と、声かけをされているそうです。

 

 ただ、働ける方(現役世代で、健康な方)に対する就労支援はされていないようで、市の仕事(職員としての雇用)は公平性の観点から難しくても、まずはボランティア等でも、生活再建・自立支援に向けた取り組みを進めて頂きたいものです。


【鎌倉市役所】提言−トイレ便座の穴あき蓋について。【つのだあきお】

18342800_1036901906442186_1824696144899770002_n

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

(つのだあきお 角田晶生・笹竜党 代表)

 

 鎌倉市役所のトイレを利用した際、便座の蓋に穴があいている事に気づきました。

 

 これは上の蓋を閉めると、穴が小さくなって子供でも安心して(落っこちずに)利用できるための工夫で、素晴らしいアイディアだと感じます。

 

 ただ、これだと便座を密閉できないため、水を流した時、(目に見えない)霧状となった汚水が人の背丈くらいまで舞い上がるため、利用者の体調(病気などしている場合)によっては、感染症の原因となることが懸念されます。

 

 本来なら、更に上の蓋を取り付けて(便座を密閉できるようにして)頂きたいところですが、予算等の都合もあるでしょうから、今後の更新時に交換して頂けるよう、鎌倉市に対して提言を送らせて頂きました。

 

 

【提言ここから】

 

件名:

市役所内のトイレ便座の蓋につきまして。

 

本文:

鎌倉市役所 御中
平素よりお世話になっております、角田晶生です。
表題の件につきまして、意見具申致します。

 

 現在、市役所内にあるトイレ便座の蓋は、穴があいたものが二重についています。

 

 これは体格の小さな子供たちの利用も考えた素晴らしい創意工夫ですが、その一方で、穴があいているため水を流した際、霧状となった汚水および細菌が、人の背丈ほどまで舞い上がると言われています。

 

 利用者の体調(病状)によって、感染症の原因となることが懸念されるため、次回の更新時には便座の蓋を密閉できるタイプに交換して頂けるよう、ご検討頂けましたら幸いです。

 

 以上、お願い申し上げます。

 


平成29年5月10日(水)

 

笹竜党(ささりんどう)
代表 角田晶生(つのだ あきお)

 

〒247−0055
鎌倉市小袋谷2-1-9 1階
090-4454-8858
tsunodaakio@gmail.com

 

【提言ここまで】

 

 

 実にささやかな事ですが、市民の衛生環境を守る一助となりましたら幸いです。

 

※参考:

【これは危険】多くの人がやってしまっている フタ開けトイレ流しの怖い話【必ず閉めて】

https://matome.naver.jp/odai/2146856327568102301

 

18403309_1036901916442185_4068856817196919918_n


| 1/75PAGES | >>

カレンダー

<< 2017年05月 >> 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

プロフィール

twitter

Google+

Facebook

アルバム

posted by (C)角田晶生

最近の記事

テーマ別記事

年月別記事

リンク

ブログ内検索

その他