【鎌倉市議会議員選挙】前半4日を駆け抜けて。【つのだあきお】

(つのだあきお 角田晶生・鎌倉市議会議員候補)

平成29年4月16日(日)に告示され、23日(日)投開票予定の鎌倉市議会議員選挙。

前半4日間を駆け抜けて、これから後半への折り返しを前に、感じて来たことを概略でまとめておこうと思います。

前回の苦杯から四年間、その翌日の駅頭活動に始まり、ひたすら地道に努力を積み重ねて来ました。

その中で、多くのことを学ぶと共に、地元・鎌倉に対する愛をより深め、志を確かなものと出来ました。

そしていよいよ、満を持しての再挑戦。

これまで四日間、鎌倉市内を駆けずり回って参りましたが、当確ラインには今一つ及ばない状況です。

皆様のあと一票、もう一押しのお力添えを頂いて、地元・鎌倉、市政の場へと送り出して頂けますよう、心よりお願い致します。

【鎌倉市政に挑戦中】さぁ、いよいよ明日から!【つのだあきお】

(つのだあきお 角田晶生・笹竜党 代表)

明日4月16日(日)告示、4月23日(日)投開票の鎌倉市議会議員選挙が、いよいよ始まります。

これまで四年間、仕事や地域活動の合間に、ずっと準備を進めて来ました。

決して楽しいことばかりではありませんでしたが、地道に積み重ねて来た努力が、ここに試されます。

「最近、顔つきが変わって来たね」
「充実しているのが、よく解るよ」
「今までずっと、頑張って来たからね」

多くの激励やご声援、ご期待を頂戴し、いよいよ鎌倉市政への挑戦が本番を迎えます。

 出来ることは、全力でやって来た。

 その最後の総仕上げ。

これから一週間、鎌倉市全域をお騒がせしますが、どうか皆様の一押しを、よろしくお願い申し上げます。


平成29年4月15日(土)

鎌倉市政に挑戦中
つのだあきお

【鎌倉市政に挑戦中】立候補予定者&市民の応援ブレスト会。【つのだあきお】

JUGEMテーマ:ニュース

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

 

(つのだあきお 笹竜党 代表)

 

  平成29年4月9日(日)、鎌倉市・鶴岡会館にて実施された「鎌倉市議会議員選挙目前!立候補予定者&市民の応援ブレスト〜私たちが鎌倉にできること」に参加しました。

 

  今回参加した立候補予定者は現職7名と新人2名、顔ぶれは以下の通りでした(自己紹介順)。


・山田直人(現職・鎌倉みらい)
・高橋浩司(現職・鎌倉夢プロジェクトの会)
・久坂くにえ(現職・みんなの鎌倉)
・永田磨梨奈(現職・鎌倉夢プロジェクトの会)
・つのだあきお(私)
・栗原絵里子(新人・元維新の会)
・河村琢磨(現職・みんなの鎌倉)
・渡辺隆(現職・みんなの鎌倉)
・中村聡一郎(現職・みんなの鎌倉)


  自己紹介に続くブレスト(ブレインストーミング。頭脳の嵐というように、みんなで自由なアイディアを列挙して頭脳を刺激する会議手法)では、各立候補予定者が用意したテーマについて、みんなでアイディアを出してまとめました。

 

  自分のためだけでなく、立候補予定者のためにもアイディアを出して協力し合い、みんなが「鎌倉を良くしたい思い」を共有できたと思います。

 

  ちなみに、今回私が投げかけたテーマは

 

「鎌倉における地域差別の解消」。

 

  とかく鎌倉と言えば、鎌倉地域だけがピックアップされて、他の地域は「おまけ」扱いなど、見下されることが多くありましたが、せっかく同じ鎌倉市なのだから、お互いが認め合い、魅力を高め合える関係を築いて行くため、皆さんからたくさんのアイディアを頂きましたので、概要を紹介させて頂きます。

 


【地域差別の解消に向けたアイディア】

・鎌倉「ブランド」がその歴史にあるのなら、百年、千年後を見据えた名所づくりを今から取り組む
・そもそも現に多数存在する史跡や名所を発掘、魅力の発信に努める
・鎌倉地域が「スタンダードな鎌倉」なら、他地域は「よりディープな、マニアックな鎌倉」として、鎌倉上級者に向けた観光客の分散化を図る
・鎌倉地域が「昼の鎌倉」なら、大船地域などは「夜の鎌倉」として、丸一日楽しめるよう、市全体で補完関係を作る
・例えば、フラワーセンターのような(フェンスで囲まれて閉鎖的な)施設を、より開放的にプロデュースして人を呼び込む
・地域間や学校間で交換留学的な事業を実施、お互いの歴史や文化、風土などの魅力を知ることで、差別意識の解消を図る
・地区対抗のスポーツ大会やチャンバラ大会など、地区ごとの交流機会を増やす
・テレビ放送や広報かまくら等のメディアで、各地域の魅力を発信する機会を増やす

……等々。

 

  皆さんの話を聞けば聞くほど、これらを一つでも実現したい思いが強まり、有意義な話し合いが持てたことに心より感謝します。

 

  鎌倉市政への挑戦に際して、みんなそれぞれ意見や考えは違えど、思いは一つ。

 

「鎌倉市を、良くしたい」

 

  その意気に感じて、拙いなりに最大限、建設的な参加(他の立候補予定者の盛り上げも含めて)が出来たと思います。

 

  かくして、つつがなく応援ブレスト会は終了しましたが、スタッフの方より

「名前は言えませんが、議員の方より『本当は、角田君みたいな人が議員になって欲しい』という意見を多く聞いています」

とお知らせ頂き、前回の苦杯より四年間、ずっと一所懸命にやってきた甲斐があります。

 

  どなたかは存じませんが、誠にありがとうございます。

 

  参加された市民の皆様はもちろん、主催者スタッフの皆様、そして立候補予定者の皆様に対しても、心より感謝申し上げます。

 


  鎌倉市政に、新しい風を。

 

  いよいよ本番も押し迫って来ましたが、最後まで、そしてこれからも精進して参りますので、より一層のご指導ご鞭撻頂けましたら幸いです。

 

 

※参考:

【鎌倉市政に挑戦中】立候補予定者&市民の応援ブレスト会の事前説明。【つのだあきお】

http://tsunoda-akio.jugem.jp/?eid=1472


【鎌倉市政】公園の照明について、提言と回答。【つのだあきお】

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

(つのだあきお 角田晶生・笹竜党 代表)

 

  先刻、公園の照明があまりに暗いので、防犯上改善すべきと提言したところ、鎌倉市公園課より回答と共に色々教えて頂きました。

 

  公園の照明は、文字通り「公園灯」と呼ぶらしく、その維持管理については、防犯灯(市民安全課)と異なるそうです。

 

  そのため、防犯灯と違って予算がないため、現在でも蛍光灯のままとなっています(防犯灯はLED化完了)。

 

※ちなみに、喫煙所の照明は環境保全課の管轄だそうです。ご参考までに。

 

  しかし、今回の提言を受けて、今後は公園灯についてもLED化を進めて行く事を前向きにご検討頂けるとの事です。

 

  拙い提言ながら、これが少しでも安全・安心の鎌倉を実現する一助となりましたら幸いです。


【鎌倉市政に挑戦中】予算よりも、足りないものは。【つのだあきお】

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

(つのだあきお 角田晶生・笹竜党 代表)

 

  地元の方より伺ったお話。

 

  鎌倉市では、15歳以上の長寿犬(の飼い主)を表彰するという話を聞き、その方の愛犬が16歳を迎えていたので申し出たところ、

 

「今年度は予算がないので表彰しない(大意)」

 

と言われてしまったそうです。

 


  この話を伺った時、私は残念でなりませんでした。

 

  予算がないのは仕方ありませんが、別に愛犬家の皆さんは、おカネが欲しい訳でも、仰々しい式典を開いて欲しい訳でもないのです。

 

  賞状一枚書いて贈呈するだけでも、あるいは市長自ら抱っこしたり撫でてあげたりするだけでも、今まで大切に飼って来た愛犬との思い出や絆を噛み締めることが出来るのです。

 

例えば、
「素敵なワンちゃんですね。どうか最後まで、たっぷりと愛情を注いであげて下さいね」

 

  そんな優しい言葉の一つに、何の予算が要るのでしょうか。

 

  犬が好き、いえ、命あるものを愛する方ならば、自然と湧いて来るであろう感情に欠けているのは、ひとえに愛がないからです。

 

  愛さえあれば、何でも……という訳ではありませんが、おカネがなければ知恵を絞り、知恵を絞るには汗をかく。

 

  そうした行動や情熱の原動力こそ、愛に他なりません。

 

  鎌倉市の財政は、決して潤沢とは言えませんが、それ以上に愛が足りません。

 

 予算がないならないなりに、出来ることはたくさんある筈です。

 


  もっと地元に愛と情熱を。

 

  百年先、千年末まで誇れる仕事を。

 

  そうした心意気で、鎌倉市政に新しい風を吹き込んで行きたいものです。


| 1/73PAGES | >>

カレンダー

<< 2017年04月 >> 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

プロフィール

twitter

Google+

Facebook

アルバム

posted by (C)角田晶生

最近の記事

テーマ別記事

年月別記事

リンク

ブログ内検索

その他