【鎌倉市消防団】10月21日(日)平成30年度 深沢地区合同訓練。【角田晶生】

  • 2018.10.22 Monday
  • 21:19

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

(角田晶生 つのだあきお・鎌倉市消防団 第15分団員)

 

 平成30年10月21日(日)、東レ研究所(鎌倉市手広)にて鎌倉市消防団の深沢地区合同訓練が実施され、深沢地区の6個分団(15〜20分団)と腰越地区から2分団の計8個分団が参加しました。

 

 当日は公設の指導とOBによる激励の下、いつもの訓練礼式(挙動など)、器具結索(搬送・吊り上げ)、水難救助(ゴムボート操法)、ポンプ車による放水訓練が実施されました。

 

【訓練礼式】

 これまで繰り返し実施されている不動の姿勢(気をつけ、敬礼など)や年末の市長巡視立付(予行演習)など、統率のとれた組織運動を目指して、今後も演練が必要です。

 

 

【器具結索】

 今回はホースに結合された筒先、大ハンマー、鳶口(とびぐち。火かき鉤)、脚立を上層に吊り上げる想定で、巻き結びと舫い結びの演練。慣れない角度からでも的確な結索ができるよう、今後も演練して参ります。

 

 

【水難救助】

 新しく支給されるライフジャケットを着用してゴムボートを操作、実際に池でオールの漕ぎ具合や乗り心地、操作感覚など、洪水や大雨時に救助へ向かえるよう、今後も機会が得られたらと思います。

 

 

【放水訓練】

 こちらは消防車両に搭載されたポンプを用いた揚水&放水、およびホースの展張と撤収など、今回もより経験が積めたかと思います。

 

 半日ではありますが、充実した訓練になったと思います。

 

 今後いつ発生するか判らない首都圏直下型地震はじめ、各種災害に即応できるよう、今後とも精進して参ります。

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

twitter

Google+

Facebook

アルバム

posted by (C)角田晶生

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM