【Japaaanマガジン】と死と殺し合い…ケガレにまみれて生きる武士たちが信心深い理由とは?【角田晶生】

  • 2018.10.22 Monday
  • 21:42

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:趣味

JUGEMテーマ:学問・学校

 

(角田晶生 つのだあきお・フリーライター)

 

 日本文化と今をつなぐウェブマガジン「Japaaanマガジン」に、拙稿をご掲載いただきました。

 

 いつも、誠にありがとうございます。

 

※参考:

と死と殺し合い…ケガレにまみれて生きる武士たちが信心深い理由とは? 

https://mag.japaaan.com/archives/83931

 

 

 今回は『葉隠』から、武士たちの信心について紹介しています。

 

 戦場での武運を神仏に祈る武士たちですが、神仏は血だの死だの殺し合いだの、そうした「ケガレ」を嫌います。

 

 だから、神仏はそっぽを向いてしまうかも知れない。

 

 それなら、なぜ武士たちは神仏を拝み続けるのか。

 

 なぜなら「後悔しない」ためです。

 

 神仏が御加護を下さろうと下さらなかろうと、悔いなく戦い抜くため、見守って頂くため、覚悟して日夜信心しているのです。

 

「お天道様が見てござる」

 

 そうした精神が廃れつつある昨今、『葉隠』の精神が次世代に受け継がれていくことを願っています。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

twitter

Google+

Facebook

アルバム

posted by (C)角田晶生

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM