【Japaaanマガジン】とある武士が自分の腹を切り命懸けで守り抜いた血みどろの家系図「チケンマロカシ」とは? 【角田晶生】

  • 2018.11.06 Tuesday
  • 22:55

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:学問・学校

 

(角田晶生 つのだあきお・フリーライター)

 

 日本文化と今をつなぐウェブマガジン「Japaaanマガジン」に、拙稿をご掲載いただきました。

 

 いつも、誠にありがとうございます。

 

※参考:

とある武士が自分の腹を切り命懸けで守り抜いた血みどろの家系図「チケンマロカシ」とは?

https://mag.japaaan.com/archives/85061/2

 

 

 今回は『葉隠』より、相馬氏に伝えられる家系図「チケンマロカシ」のお話。

 

 現代の私たちが考える以上に「家」を重んじた武士たちの価値観を今に伝えるテキストとして、そのある種狂気じみた矜持の積み重ねに、今があることを感じさせるエピソードです。

 

 なにぶん時代も違い、なかなか理解しがたい点もありましょうが、かつてこういう思いで生きていた武士たちに、想いを馳せて頂けましたら幸いです。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

twitter

Google+

Facebook

アルバム

posted by (C)角田晶生

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM