【Japaaanマガジン】食事の前後にちゃんと言ってる?「いただきます」「ごちそうさま」の本当の意味 。【角田晶生】

  • 2018.11.06 Tuesday
  • 23:04

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

(角田晶生 つのだあきお・フリーライター)

 

 日本文化と今をつなぐウェブマガジン「Japaaanマガジン」に、拙稿をご掲載いただきました。

 

 いつも、誠にありがとうございます。

 

 今回は日常茶飯事のあいさつ「いただきます」「ごちそうさま」の意味についてです。

 

※参考:

食事の前後にちゃんと言ってる?「いただきます」「ごちそうさま」の本当の意味

https://mag.japaaan.com/archives/85097

 

 

 以前、給食費を払っているのだから、子供に「いただきます」と言わせるな、といったクレームが学校にあったそうですが、そもそも食事は「自分の命をつなぐために、誰かの命をいただく」ことであり、食べ物に対する感謝を伝える言葉です。

 

 また「ごちそうさま」とは馳走の文字どおり、かけずり回って食べ物を調達・用意してくれた苦労に対する感謝であり、いずれもおカネは無関係に言うべきだ、という話です。

 

 こういう精神が日常生活の中で伝えられることこそ、日本文化の基礎を取り戻す上で大切だと思います。

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 23:04
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    角田晶生(つのだ あきお)

    Facebook

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM