【Japaaanマガジン】室町時代、応仁の乱で大活躍した悪党「骨皮道賢」が残した6日間の武勇伝。【角田晶生】

  • 2018.12.04 Tuesday
  • 22:44

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

(角田晶生 つのだあきお・フリーライター)

 

 日本文化と今をつなぐウェブマガジン「Japaaanマガジン」に、拙稿をご掲載いただきました。

 

 いつも、誠にありがとうございます。

 

 

※参考:

室町時代、応仁の乱で大活躍した悪党「骨皮道賢」が残した6日間の武勇伝

https://mag.japaaan.com/archives/84592

 

 

 今回は、応仁の乱で活躍した悪党・足軽大将「骨皮道賢」の武勇伝とその末路について紹介しています。

 

「戦場に朽ち果てた骸(むくろ)に、一滴なりとも血を通わせ、一片なりとも肉を盛りつけて差し上げるのが、骨皮一族?の祖先に対する供養というもの。

かつて乱世の風雲荒(すさ)ぶ京の都を駆け抜けた、いち悪党の物語。どうかおつき合い頂けましたら幸いです」

※本文より引用。

 

 拙文ながら、お笑読頂けましたら幸いです。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

角田晶生(つのだ あきお)

Facebook

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM