【Japaaanマガジン】極限で問われる武士の真価!テロに屈せず人質も見殺しにしない源頼信が示した「兵ノ威」とは(上・下)【角田晶生】

  • 2018.12.21 Friday
  • 23:00

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

(角田晶生 つのだあきお・フリーライター)

 

 日本文化と今をつなぐウェブマガジン「Japaaanマガジン」に、拙稿をご掲載いただきました。

 

 いつも、誠にありがとうございます。

 

 

※参考:

極限で問われる武士の真価!テロに屈せず人質も見殺しにしない源頼信が示した「兵ノ威」とは(上)

https://mag.japaaan.com/archives/87741

極限で問われる武士の真価!テロに屈せず人質も見殺しにしない源頼信が示した「兵ノ威」とは(下)

https://mag.japaaan.com/archives/87788

 

 

 今回の主人公は、頼朝公から6代の祖先(諸説あり)に当たる源頼信(みなもとの よりのぶ)公の物語。

 

 乳兄弟である藤原親孝(ふじわらの ちかたか)の息子が人質にとられてしまった時、うろたえる親孝に頼信公が何と言い、どうしたか。

 

 そこには、あるべき武士の姿「兵(つはもの)の威」が体現されていました。

 

 私も頼信公を見習い、より一層精進したく思います。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

角田晶生(つのだ あきお)

Facebook

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM